当ページのリンクには広告が含まれています。

COZUCHI(コヅチ)の評判とデメリットや登録方法

公開日 2022年9月12日 最終更新日 2023年12月15日

あなたは不動産投資で稼ぎたいと思いませんか?

ジャスミン
こんにちはジャスミンです

前回は不動産クラウドファンディングのCOZUCHI(コヅチ)の特徴やファンドや仕組みについて解説しました。

COZUCHI

COZUCHI(コヅチ)は怪しい?特徴やファンドの中身を調査

2022年9月12日

この記事では、COZUCHI(コヅチ)の特徴やファンドの中身をまるっと解説!

COZUCHI(コヅチ)は平均利回り10%以上!

運用されるプロジェクト(ファンド)は収益性の高い大型のものが多い

不動産の知識がない初心者でもOK!

[/box]

COZUCHI(コヅチ)は、好成績の投資商品です。

前回に引き続き、今回はCOZUCHI(コヅチ)のデメリットや評判、登録方法のご紹介です。

不動産投資、利回りが良いのはわかったけどデメリットはないのかな? 実際にやってる人の評判も気になる…

デメリットや評判、気になりますよね?!

ジャスミン
そんなあなたのために、デメリットや評判を調べてきました! 登録方法も丁寧に解説しています!

では、いよいよ後半!COZUCHI(コヅチ)のメリットやデメリット、口コミについてです。

さらに、ファンドに出資するにはどうしたらいいのか、くわしく解説しました!

不動産クラウドファンディングに興味がある方はぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を読めば、あなたがCOZUCHI(コヅチ)の不動産投資に向いているかわかります。

この記事でわかること
  • メリットとデメリット
  • 評判
  • 登録方法

では、いってみましょう。

COZUCHI(コヅチ)の公式サイトはコチラから

COZUCHI

1 COZUCHI(コヅチ)の5つのメリット

プロ厳選の不動産に分散投資できる

以下引用:https://cozuchi.com/ja/

COZUCHIの運営会社は1999年創業。

不動産業として20年以上の蓄積されたノウハウがあります。

そのため、プロ厳選の物件に分散投資できます。

COZUCHIには多様なプロジェクトがあり、通常の不動産投資にはない魅力的な案件が豊富です。

需要の多い物件を中心に扱い、それぞれの物件情報が豊富です。

専門知識不要の初心者にもやさしい投資環境

COZUCHIは専門知識が不要の初心者にもやさしい投資環境があります。

安心・安全に投資ができる環境づくり

まとまったお金がなくても1万円から始めらます。

インターネットから簡単に投資家登録、登録後最短15分ですぐに投資することができます。

ウェブページやアプリから24時間365日いつでもどこでもスマホ1つで取引可能です。

様々なファンドから好きなものを選んで投資したら、あとは配当を待つだけ。

物件の管理や運営など、面倒な手間は一切かからず、投資後はほったらかしで運用することができます。

COZUCHIでは、24時間365日、マイページからいつでも換金申請が可能です

COZUCHIには少資金からある程度まとまったお金がある方まで、幅広い投資スタイルがあります。

リターン上限なしの配当

儲けをフェアに分配してくれる、リターン上限なしの配当をしています。

引用:https://cozuchi.com/ja/

多くの不動産クラウドファンディングの配当は、優先出資者に優先的に配当されますが、キャピタルゲインの配当利回りに上限が設定されています。

しかしCOZUCHIは、優先出資者に優先的に配当されることはもちろん、さらに配当利回りに上限無く、フェアに利益を分配しています。

実際のCOZUCHIのリターンは、平均10%以上。

283.5%と高利回りを実現したファンドもあります!

ファンド自体はローリスクな商品設計を重要視しながら、出資者により高いリターンを実現しています。

ほったらかしで投資ができる

COZUCHIは、ほったらかしで投資ができます。

ビルやマンションなど様々なファンドから好きなものを選んで投資したら、あとは配当を待つだけ。

物件の管理や運営はすべてお任せです。

面倒な手間は一切かからず、投資後はほったらかしで運用することができます。

いつでも途中解約・現金化できる

いつでも途中解約できて、いつでも現金化できます。

ほかの不動産クラウドファンディングでは、いったん出資金を投資したら運用期間が終わるまで出資金を引き出せない場合が多いです。

ですがCOZUCHIは、途中解約できて、いつでも現金化が可能。

※ただし、換金手続きの場合、事務手数料として3〜5.5%がかかります。

急な出費やまとまったお金が必要なときにはありがたいですね。

COZUCHI(コヅチ)の公式サイトはコチラから

COZUCHI

2 COZUCHI(コヅチ)の3つのデメリット

出資金の元本保証・利回り保証はない

不動産投資型クラウドファンディングでは元本・分配金の保証はされていません。

これはCOZUCHIに限らず、出資法により元本を保証する行為は禁止されてます。

ですが、優先劣後構造が採用されているので、ファンド資産の評価額の下落が一定の範囲であれば、先に劣後出資者であるファンド運営事業者が損失を負担するため、投資家の元本に影響が出にくい仕組みになってます。

また、「想定利回り」についても将来の運用成績を約束するものではないということは注意しておきましょう。

あまりの人気で案件への応募・当選がしにくい

じつはCOZUCHI、あまりの人気で案件への応募や当選のしにくさが、悪い口コミに上がることもあります。

COZUCHIでは先着・抽選と2つの方法でプロジェクトへの出資を募っています。

また、特別優先権限定ファンドもあります。

それでも人気のプロジェクトですと募集が集中して、開始から1日でクローズすることもしばしば(泣)

先着順はもとより、抽選にはずれた場合は、そのプロジェクトに応募することはできません。

COZUCHIは、魅力的な案件が非常に多いため、応募が殺到、募集を早期終了することが多くあります。

投資したい資金があっても投資チャンスをのがすことで、投資効率が悪くなってしまいます。

先着方式は募集開始時間と同時に申し込みをすれば、出資ができる可能性がかなり高いです。

ジャスミン
まめにCOZUCHIのサイトで募集時期を確認して、準備をしておくとチャンスが広がるかもしれませんね。

分配金は総合課税の対象

個人の出資者の場合は、分配金は「雑所得」となり、総合課税扱いとなります。

分配金に対しては20.42%(所得税+復興特別所得税)が源泉徴収されます。

分配金から源泉徴収をした後の額が、登録している取引口座に振込されます。

源泉分離課税ではないので、投資家による確定申告が必要です。

これが「不動産クラウドファンディング」のひと手間。

ほかのクラウドファンディングに出資する「エンジェル投資家」と違って、税制優遇がされないのが難点です。

確定申告での節税対策の考えどころです。

ジャスミン
税制のメリットとしてはあまり期待できないですね

3 COZUCHI(コヅチ)の評判は?

COZUCHI(コヅチ)の評判はどうなっているでしょうか?

みなさん最近のプロジェクトに当選されていますね!

狭き門をくぐり抜けた喜びが伝わってきます(*^^*)

連続でファンドに出資している方もいますね。

ジャスミン
コツを知りたいところです!

「応募したけどファンドに当たると思っていなかったから、資金が…」

といった感じでしょうか。

ある程度の資金を準備していれば、当選したときにもあわてずに出資することができます。

なかなかの狭き門ですが、あきらめずに募集に参加することが当選への道なんですね。

ジャスミン
みなさん、当選おめでとうございます!

COZUCHI(コヅチ)の公式サイトはコチラから

COZUCHI

4 COZUCHI(コヅチ)の会員登録方法

ここからは、COZUCHI(コヅチ)の会員登録方法と、投資家登録について見ていきましょう。

4.1 会員登録について

会員登録は、電話番号とメールアドレスだけで簡単に登録できます。

会員登録をすると、プロジェクトの詳細ページが見られたり、プロジェクトの公開情報をいち早く受け取る事が可能です。

会員登録が終わりましたら、投資家登録をします。

投資家登録とは

会員登録後、個人情報等のご登録および本人確認書類のご提示をいただくことで投資家登録ができます。

なお、投資家登録には弊社の審査が必要となり、同審査を通過した方のみ、以後投資申込ができるようになります。

顔認証にて最短15分で投資家登録が可能です。

本人確認には以下の書類のいずれかが必要です。

使用できる本人確認書類
  1. 運転免許証
  2. 個人番号カード(マイナンバーカード) おもて面
  3. パスポート(旅券)(写真貼付面、所持人記載面)
    ※2020年2月4日以降に発給申請されたパスポート(いわゆる「2020年旅券」)につきましては、現住所等を記載することができる所持人記入欄が削除されているため、本人確認書類としてご使用いただけません。
  4. 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  5. 在留カード
  6. 運転経歴証明書
  7. 特別永住者証明書

COZUCHI(コヅチ)の公式サイトはコチラから

COZUCHI

4.2 出資までの流れ

いよいよ投資開始です。

投資家登録完了後は専用の投資家ページが作成されます。

投資家ページからご希望のプロジェクトに投資申し込みが可能です

COZUCHIはスマホから出資ができます。

cs_shomen_sp.jpg

もちろんPCからも出資ができます。

cs_shomen_pc.jpg

4.3 分配金の受取まで

分配金は原則、各プロジェクトの運用期間の末日から30日以内に支払われます。

各プロジェクトの運用終了時に送られる、運用終了メールに分配金支払予定日を記載されており、具体的な支払予定日はそちらで確認できます。

分配金は、登録している銀行口座宛に事業者より振込送金されます。

入金の確認は本人の銀行口座で確認できます。

分配金支払時には振込みをした旨の案内メールが送られます。

ジャスミン
運用期間はさまざまですが、分配金が手元に来るのは待ち遠しいですね

COZUCHI(コヅチ)の公式サイトはコチラから

COZUCHI

5 まとめ

今回はCOZUCHI(コヅチ)のメリットやデメリット、評判、登録方法などを見てきました。

ここでCOZUCHI(コヅチ)についておさらいしましょう。

COZUCHI(コヅチ)について

COZUCHI(コヅチ)のメリットは、平均利回り10%以上と高利回りなファンドが多い

COZUCHI(コヅチ)は、一口1万円からの少額投資

ある程度まとまった余剰資金がなくても、おためし感覚ですぐに投資体験ができる

出資可能なファンドが少なく、出資枠が埋まってしまうことも。

ファンドはそれぞれ運用期間が決まっていますが、

出資しても、運用期間中でも出資金を引き出せます。(事務手数料3〜5.5%がかかります。)

COZUCHI(コヅチ)の利用者の評判は良いようです。

「不動産を直接的に管理する手間がない」

「物件情報もくわしくも公開されているので、納得して投資することができる」

「ファンドに当選するハードルは高いが、当たったらリターンが大きい」

などの声もありました。

ファンドは利回りが良く、不動産投資の実務も任せられるので、初心者にもやさしい不動産投資商品と言えるでしょう。

これらをして理解して投資をすれば、

COZUCHI(コヅチ)への投資はおすすめです。

COZUCHI

前半ではCOZUCHI(コヅチ)の運営会社やファンドの特徴を徹底調査!

ファンドの利回りなどが丸わかりです。

COZUCHI(コヅチ)は怪しい?特徴やファンドの中身を調査

2022年9月12日

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ジャスミンのうたごえメルマガ♪

ジャスミンのうたごえメルマガでは、読者のみなさんに、ブログの更新情報や、

投資に関する旬な情報、日々の生活にお役立ちなライフハック情報などを配信していきます。

また、50代ならではの心と体との付き合い方や、整え方など、リフレッシュがはかどる情報もお話ししていきます。

不定期な配信ですが、ブログには書きにくいここでしかお話できない情報も、発信していきますね(^_^)

ジャスミン
そしてなぜか、うたごえも配信しちゃいます(^^)♪


ジャスミンのうたごえメルマガの登録はこちらから!

ジャスミン無料相談受け付け中!

ジャスミンがあなたのお悩みや不安、疑問点を解決させて頂くための無料相談コーナーです!

 

ジャスミン自身もそうだったのですが、副業や投資を始めるに際して何も分からず不安だった頃に、このようなコーナーに助けて頂きました。

 

なので私も何かの助けになればと思いこのコーナーを立ち上げました。

 

どんな些細なことでも構いません。

 

ジャスミン
一つでも多くの悩みがあなたを一歩進めるきっかけになれば良いなと思っております!
 

ジャスミンでした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

50代から始めるネット副業情報を発信中。 本業の仕事のかたわら、副業のやりながら配信をしている。 アラフィフのおやじで本業は役者。歌の仕事やアニメの声の人、スタッフさんもやる。 現在は舞台が吹っ飛び失業中。