当ページのリンクには広告が含まれています。

COZUCHI(コヅチ)は怪しい?特徴やファンドの中身を調査

公開日 2022年9月12日 最終更新日 2023年12月15日

結論

不動産クラウドファンディングの最大手で信頼もトップクラス

不動産の知識がない初心者でもOK!平均利回り10%以上!

一口1万円からの少額投資。安全性が高い投資商品です

ジャスミン
こんにちはジャスミンです

あなたは不動産投資をやって稼ぎたいと思いませんか?

不動産投資は株式投資やFXと違って、一度投資をしてしまえば値動きもなく安定した収入が入ってきます。

ですが、現物不動産投資をしようとすると、かなりの額のまとまったお金が必要です。

投資と聞くと

やったほうが良いとはわかっているけど、難しそう…

投資って面倒くさそう…

うまく運用できる自信がない…

運用に割く時間がない…

こんな声が聞こえてきそうです。

でも、ご安心ください。

そんなあなたにオススメなのが「COZUCHI(コヅチ)」です。

今回ご紹介するCOZUCHI(コヅチ)は、不動産投資に関する面倒な手続きや管理がいらない投資商品。

そんなCOZUCHI(コヅチ)の中身を深堀りしてあなたにお伝えします。

この記事を読めば、あなたがCOZUCHI(コヅチ)の不動産投資に向いているかわかります。

この記事でわかること
  • 概要と特徴
  • ファンド詳細やリターン
  • おすすめできる人

COZUCHI(コヅチ)の評判とデメリットや登録方法

2022年9月12日

ではいってみましょう!

COZUCHI(コヅチ)の公式サイトはコチラから

COZUCHI

1 COZUCHI(コヅチ)の運営会社「LAETOLI株式会社」はどんな会社?

COZUCHI(コヅチ)の運営会社「LAETOLI株式会社」はどんな会社か見ていきましょう。

1.1 LAETOLI株式会社はどんな会社?

以下引用:https://laetoli.jp/#

LAETOLI株式会社は1999年創業。

不動産特定共同事業の黎明期より同事業に参入する企業の免許取得サポートや、運用アドバイザーとして事業を展開し、2008年にはオリジナルブランド「ゆうゆう倶楽部」の販売・運用を開始しました。

2019年には「WARASHIBE」の名前で運用をしていましたが、2021年に「COZUCHI」へ名称を変えました。

ジャスミン
不動産クラウドファンディングのさきがけ的な会社なんですね

LAETOLI株式会社のサービスは、

不動産投資型のクラウドファンディングサービス「COZUCHI」

COZUCHI

 

不動産クラウドファンディング運営のためのクラウド型プラットフォーム「TREEX」

TREEX

日本の文化のコミュニティ「KABUKI X」

KABUKI X

などを運営しています。

 

ジャスミン

「TREEX」は同業の不特法事業者のためのシステムを提供

同業者が参入しやすい環境を作ってしまうなんて、すごい!

 

販売業者 LAETOLI株式会社(運営会社)
運営責任者 代表取締役CEO 武藤 弥
所在地 〒107-0062
東京都港区南青山2-26-1 D-LIFEPLACE南青山2階
電話番号 03-6455-5386
メール support@cozuchi.zendesk.com

1.2 LAETOLI株式会社代表取締役CEO「武藤 弥さん」はどんな人?

引用:https://cozuchi.com/ja/

LAETOLI株式会社代表取締役CEO「武藤 弥さん」はどんな人なのでしょうか。

「武藤 弥さん」は1976年4月29日生まれ、千葉県生まれ。

2001年早稲田大学理工学部建築学科修士課程了したあと、不動産ディベロッパーにて開発業務等に従事。

その後独立し、2003年家具ブランドIDEEとともに、アールプロジェクト株式会社を設立し、取締役就任(27歳)

リノベーション事業や商業施設の開発事業等にたずさわります。

2009年株式会社シェアカンパニー設立、代表取締役に就任。同時期2011年株式会社TRIAD設立、取締役副社長に就任(33歳)

2021年8月LAETOLI株式会社代表取締役CEOに就任(45歳)←イマココ

若い頃から責任ある立場を歴任してきた武藤 弥さん。

「自分にとって、社会にとって価値があると思えるものに投資をすることで、精神的な豊かさと金銭的な豊かさが循環する仕組みを作りたい。」

そうした想いで、この不動産クラウドファンディングサービス「COZUCHI」を立ち上げたそうです。

ちなみに、下にあるのはツイッターのプロフィール

LAETOLI株式会社代表/シェアカンパニー/wise owl hostels経営/sound bar HOWL渋谷/BLTステーキ六本木経営/起業家/自称画家 ツイッターより引用

不動産クラウドファンディング会社の代表取締役CEOをはじめ、

東京、京都、札幌に展開するwise owl hostelsを経営

引用:https://wiseowlhostels.com/ja/

渋谷区道玄坂にsound bar HOWL渋谷

引用:https://wam-inc.jp/howl/

BLTステーキ六本木経営

引用:https://bltsteak.co.jp/

かなり精力的です。

そして「自称画家」

うーん!ギャップ萌えですね。

COZUCHI(コヅチ)の運用の仕組み

COZUCHI(コヅチ)の運用の仕組みを見てみましょう。

引用:https://cozuchi.com/ja/

COZUCHIは不動産特定共同事業法を活用した不動産投資型のクラウドファンディングです。

不特法(ふとくほう)とは

不特法(ふとくほう)とは「不動産特定共同事業」の略で、事業者が複数の投資家様から出資を受け、集めた資金で収益不動産を取得・運用し、運用益を投資家様に分配する事業のことをいいます。

インターネット上で出資者を募集し、運営会社であるCOZUCHIが不動産事業を行います。

その結果、不動産から得られる賃料や売却利益を投資家へ還元します。

COZUCHIは、投資家を優先的に保護する優先劣後構造をとり、債券や社債等より高いリターンを目指す、ミドルリスク・ミドルリターンの投資サービスといえます。

2 COZUCHI(コヅチ)の概要

COZUCHI(コヅチ)の公式サイトはコチラから

COZUCHI

 

2.1 平均利回りが10%

COZUCHIは平均利回り10%超の実績を持っています。

COZUCHIでは物件の賃料収入や売却想定価格等を十分に吟味し、かつ、優先劣後構造を採用することでローリスクを実現しながら、 年利率3~12%程度のミドル〜ハイリターンを実現。

「商品設計は、リスクは低く、リターンはできるだけ大きく」の実現を目指している点が最大の特徴です。

2.2 1万円から始められる不動産投資

引用:https://cozuchi.com/ja/

COZUCHIは、不動産特定共同事業法を活用することで、数十億円の不動産への投資でも、1万円から投資をすることが可能です。

初期費用がほぼ0円で済むうえ、資産が少なくても案件の多くが1口1万円という少額から投資が始められます。

2.3 不動産運営はCOZUCHIにお任せ

引用:https://cozuchi.com/ja/

投資家が出資金を投資したら、運用をすべてプロに任せられます。

現物不動産投資をしたら、不動産の物件を管理したり、入居者探しや地元不動産業者との交渉、必要ならば家賃のさいそくなども業務にはいってきます。

その点COZUCHIは、不動産に関する様々な手続きや管理は事業者が全て担うため、投資後は何もせず、配当の振込を待つだけでOKです。

3 COZUCHI(コヅチ)のファンドのリターン

3.1 現在募集中ファンド「渋谷駅前開発プロジェクト」

引用:https://cozuchi.com/ja/

渋谷駅前開発プロジェクトは東京都渋谷区道玄坂二丁目。

渋谷のど真ん中にあります。

引用:https://cozuchi.com/ja/

建物は鉄骨・鉄筋コンクリート造陸屋根地下1階付3階建。

店舗・事務所が入るビルです。

引用:https://cozuchi.com/ja/

こちらの物件は東急井の頭線渋谷駅改札から、エスカレーターを降りたところにあります。

目の前にはJR渋谷駅があり、東京メトロ、田園都市線、東急東横線にすぐにアクセスしています。

ジャスミン
渋谷駅前の超一等地です。

3.2「渋谷駅前開発プロジェクト」ファンドのリターン

引用:https://cozuchi.com/ja/

「渋谷駅前開発プロジェクト」ファンドの想定利回りは9%

最小投資金額は1万円からです。

上の投資シュミレーションでは、1万円を投資した場合の分配金(税引後)597円が表示されています。

ちなみに100万円投資した場合

引用:https://cozuchi.com/ja/

投資額100万円を投資した場合の分配金(税引後)は、59685円。

銀行定期と表示されているのは、同じ100万円を銀行の定期預金に預けた場合。

税引後66円?!

ジャスミン
定期預金と「ここまで違うのか?!」とあらためておもいますよね。

「渋谷駅前開発プロジェクト」には特別優先権制度がある

今回の「渋谷駅前開発プロジェクト」は「特別優先権をお持ちの方限定ファンド」です。

特別優先募集と一般募集を最初から分けることはせず、全額を特別優先募集として開始します。

引用:https://cozuchi.com/ja/

特別優先権とは、希望するファンドへ優先的に出資申込できる権利です。

特別優先権の付与は、特定のプロジェクトにおいて出資確定し、出資金の払込をされた投資家に付与します。

今回の特別優先権は、虎ノ門再開発プロジェクトフェーズ1において出資確定し、出資金の払込をされた投資家様に付与されます。(2次募集で出資確定の方は50万円以上の出資で付与)

使用できる回数は1回のみ。

ジャスミン
ここぞ!というときに使いたいですね。

COZUCHI(コヅチ)の公式サイトはコチラから

COZUCHI

4 COZUCHI(コヅチ)の3つの特徴

4.1 1.優先劣後システム

引用:https://cozuchi.com/ja/

ジャスミン
優先劣後システムとは、出資した投資家を「優先出資者」、事業者を「劣後出資者」と定め、

元本の償還および分配金の支払いを優先出資者から優先的に行い、優先出資者の元本および分配金の安全性を高める仕組みです。

引用:https://en-funding.en-hd.jp/contents/beginners.html

COZUCHIの劣後出資は10~60%程度となっており、劣後出資部分が全額毀損するまで、優先出資が元本毀損することはありません。

4.2 2.第三者とのマスターリース契約

引用:https://cozuchi.com/ja/

COZUCHIは、賃貸のリスクが大きいと判断したものには、マスターリースなどを締結しています。

キャピタルゲイン型は物件の買取保証をいれています。

その他にも、各プロジェクトに応じた、リスクマネジメントを積極的に取り入れることで、リスクの低い商品設計をしています。

ほかの不動産クラウドファンディングでは概要だけのところがある中

ジャスミン
COZUCHIはファンドの物件情報は結構くわしく書いてあります

4.3 3.安心の実績

引用:https://cozuchi.com/ja/

COZUCHIは「WARASHIBE」の前身の事業を2008年から2018年まで、元本毀損/配当遅延は一度もありません。

2019年から運用を開始した「WARASHIBE」(現・COZUCHI)は、総ファンド数49、総額約146億円を運用しており、同様に元本毀損/配当遅延は一度もありません。

サラッと書いてありますけど、これ結構すごいです!

かなり利回りの高いファンドを運用しながら、元本割れと配当が遅くなったことは一度もないんですね!

ジャスミン
選ばれる不動産がしっかりしていることと、運用や売却がうまくいっている証拠ですね。

5 COZUCHI(コヅチ)はおすすめできる?

COZUCHI(コヅチ)をおすすめできる人はこんな感じです。

おすすめできる人

投資をするための余剰資金がある人

実物不動産投資をしたくない人

期間を区切ってリスクを少なく資産を運用したい人

少額から投資をしたい人

このうち、一つでも当てはまるものがあれば、COZUCHI(コヅチ)はおすすめです。

COZUCHI(コヅチ)をおすすめできない人はこんな感じです。

おすすめできない人

投資をするための余剰資金がない人

現物の不動産投資をしたい人

長期的にリスクを負っても資産を運用したい人

大きく投資で稼ぎたい人

このうち、一つでも当てはまるものがあれば、COZUCHI(コヅチ)はおすすめできません。

6 COZUCHI(コヅチ)は初心者でも投資できる?

COZUCHI(コヅチ)は初心者でも投資できます。

不動産投資の知識や、物件管理のノウハウがなくても大丈夫です。

ビルやマンションなど様々なファンドからお好きなものを選んで投資したら、物件の管理や運営はすべてお任せで、あとは配当を待つだけ。

投資は最低1万円からできます。

面倒な手間は一切かからず、投資後はほったらかしで運用することができます。

ジャスミン
COZUCHI(コヅチ)はかなりハードルが低いので、COZUCHI(コヅチ)は初心者にも安心して投資ができます。

COZUCHI(コヅチ)の公式サイトはコチラから

COZUCHI

7 まとめ

今回はCOZUCHI(コヅチ)は怪しいのか、料金や実際のファンドなどをを調査してきました。

結論からいうとCOZUCHI(コヅチ)は、不動産投資にくわしくない初心者が参加しても稼げます。

運営会社のLAETOLI株式会社も不動産事業(売買・仲介・賃貸管理)や不動産特定共同事業に参入する企業の免許取得サポートや、運用アドバイザーとして事業を展開していて、怪しいところは見受けられませんでした。

COZUCHI(コヅチ)は、平均利回り10%以上と高利回りなファンドが多いこと、少額から投資を始められる手軽さがあります。

なんといっても、一口1万円から始められるので、おためし感覚で投資ができます。

また、出資可能なファンドが少なく、出資枠が埋まってしまうこともあり、参加するにはスピード勝負な一面も。

ファンドはそれぞれ運用期間が決まっていますが、

出資をしても、運用期間中に出資金を引き出すことができます。

ただし、中途換金手続にはファンド運営事業者所定の事務手数料(3〜5.5%)がかかります。

COZUCHI(コヅチ)おすすめできる人はこんな感じです。

おすすめできる人

投資をするための余剰資金がある人

実物不動産投資をしたくない人

期間を区切ってリスクを少なく資産を運用したい人

少額から投資をしたい人

これらをして理解して投資をすれば、ファンドは利回りが良く、不動産投資の実務も任せられるので、初心者にもやさしい不動産投資商品と言えるでしょう。

COZUCHI(コヅチ)の公式サイトはコチラから

COZUCHI

さて、後編ではCOZUCHI(コヅチ)のメリットやデメリット、評判、投資方法などを徹底調査!

ファンドに投資する前には必読です。

COZUCHI(コヅチ)の評判とデメリットや登録方法

2022年9月12日

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ジャスミンのうたごえメルマガ♪

ジャスミンのうたごえメルマガでは、読者のみなさんに、ブログの更新情報や、

投資に関する旬な情報、日々の生活にお役立ちなライフハック情報などを配信していきます。

また、50代ならではの心と体との付き合い方や、整え方など、リフレッシュがはかどる情報もお話ししていきます。

不定期な配信ですが、ブログには書きにくいここでしかお話できない情報も、発信していきますね(^_^)

ジャスミン
そしてなぜか、うたごえも配信しちゃいます(^^)♪

ジャスミンのうたごえメルマガの登録はこちらから!

ジャスミン無料相談受け付け中!

ジャスミンがあなたのお悩みや不安、疑問点を解決させて頂くための無料相談コーナーです!

 

ジャスミン自身もそうだったのですが、副業や投資を始めるに際して何も分からず不安だった頃に、このようなコーナーに助けて頂きました。

 

なので私も何かの助けになればと思いこのコーナーを立ち上げました。

 

どんな些細なことでも構いません。

 

ジャスミン
一つでも多くの悩みがあなたを一歩進めるきっかけになれば良いなと思っております!

ジャスミンでした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

50代から始めるネット副業情報を発信中。 本業の仕事のかたわら、副業のやりながら配信をしている。 アラフィフのおやじで本業は役者。歌の仕事やアニメの声の人、スタッフさんもやる。 現在は舞台が吹っ飛び失業中。