当ページのリンクには広告が含まれています。

property+(プロパティプラス) のメリット・デメリットや登録方法を調査

公開日 2022年10月11日 最終更新日 2023年12月15日

あなたは不動産投資で稼ぎたいと思いませんか?

ジャスミン
こんにちはジャスミンです

前回は不動産クラウドファンディングのproperty+(プロパティプラス) の特徴やファンドや仕組みについて解説しました。

property+(プロパティプラス) の評判は?稼げるの?仕組みやリターンも調査

2022年10月10日

この記事では、property+(プロパティプラス) の特徴やファンドの中身をまるっと解説!

property+(プロパティプラス) の特徴は?

property+(プロパティプラス) は利回り3~10%の安全性が高い投資商品

運営会社は30年以上の不動産取引の経験と実績で安心

不動産の知識がない初心者でもOK!

このようにproperty+(プロパティプラス) は、好成績の投資商品です。

前回に引き続き、今回はproperty+(プロパティプラス) の評判や登録方法のご紹介です。

不動産投資、利回りが良いのはわかったけどデメリットはないのかな?
実際にやってる人の評判も気になる…

デメリットや評判、気になりますよね?!

ジャスミン
そんなあなたのために、デメリットや評判を調べてきました!
登録方法も丁寧に解説しています!

では、いよいよ後半!property+(プロパティプラス) のメリットやデメリット、口コミについてです。

さらに、ファンドに出資するにはどうしたらいいのか、くわしく解説しました!

不動産クラウドファンディングに興味がある方はぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を読めば、あなたがproperty+(プロパティプラス) の不動産投資に向いているかわかります。

property+(プロパティプラス)公式サイトはこちらから
property+(プロパティプラス)

この記事でわかること
  • メリットとデメリット
  • 評判やよくある質問
  • property+(プロパティプラス) の登録方法

では、いってみましょう。

property+(プロパティプラス) に投資する3つのメリット

property+(プロパティプラス) での資産運用をおすすめの3つの理由をご紹介します。

property+(プロパティプラス) の3つのメリット

利回りが高い

ほったらかし投資ができる

専門知識が不要

利回りが高い

資産運用で見るべきポイントはたくさんありますが、なんといっても利回りが気になるところ。

投資してもあまりリターンがなければ、銀行の定期預金に預けておけばいいですよね。

property+(プロパティプラス) の予定分配率については、3%~10%で募集されています。

利回りは高いとはいい切れませんが、株式投資より儲かる可能性もある、と思いました。

定期預金に眠らせているお金があれば、property+(プロパティプラス) のファンドに投資をしたほうがいいですね。

ほったらかし投資ができる

property+(プロパティプラス) は、ほったらかし投資ができます。

資産運用はやりたいけど、定期的にチェックをしたり、毎日時間や労力を取られるのはしんどいもの。

仕事以外に時間をかけたくありませんよね。

その点、property+(プロパティプラス) は出資した後、あなたは特にやることはありません。

あなたは、出資をしたらファンドの満期まで、ほかのことに時間をさけます(^o^)

property+(プロパティプラス) に運用を丸投げできますので、ほったらかしで投資できます。

専門知識が不要

不動産投資は多岐にわたる専門知識が必要です。

ですが、property+(プロパティプラス) は専門知識がいりません。

専門知識がいるところは、すべてproperty+(プロパティプラス) がやってくれます。

前述しましたが、出資したあなたは特にやることがないため、自分の時間が持てます。

資産運用の勉強をしたり、趣味の時間を持ったりと、自由に時間を活かしたい方にはぜひおすすめです。

property+(プロパティプラス) に投資する前に知っておくべき3つのデメリット

property+(プロパティプラス) に投資する前に知っておくべき3つのデメリットを見てみましょう。

3つのデメリット

元本割れが起きても補填されない

確定申告が必要

先着方式で競争率が高い

元本割れが起きても補填されない

property+(プロパティプラス) には、出資金の元本割れリスクがあります。

なぜかというと、投資商品における元本保証は出資法により禁じられているからです。

property+(プロパティプラス) は不動産投資ですので、

不動産特有のリスクとして天災による被害、周辺環境の変化に伴う不動産価値の著しい低下などによって、出資金が元本割れを起こすリスクがあります。

property+(プロパティプラス) の劣後出資は3%~10%程度と他の不動産クラウドファンディング比べると低め。

ですが、property+(プロパティプラス) は今まで一度も元本割れを起こしたことがありません。

募集金額も常に100%を上回っています。

それと同時に、第3者とのマスターリース契約を締結することで運用期間の家賃保証しています。

これにより、投資家から預かった出資金を保全し、配当の確実性を高める方法をとっています。

確定申告が必要

個人の出資者の場合は、分配金は「雑所得」となり、総合課税扱いとなります。

分配金に対しては20.42%(所得税+復興特別所得税)が源泉徴収されます。

分配金から源泉徴収をした後の額が、登録している取引口座に振込されます。

源泉分離課税ではないので、投資家による確定申告が必要です。

ジャスミン
「不動産クラウドファンディング」のひと手間ですね

先着方式で競争率が高い

property+(プロパティプラス) では、いまのところ「先着方式」でファンドへの出資を募っています。

ジャスミン
ようするに早い者勝ちです

募集金額が大きいためすぐに締め切りになることはないですが、人気のファンドは早めに応募したほうがいいですね。

先着順なので、募集が終わってしまった場合は、そのプロジェクトに応募することはできません。

投資したい資金があっても投資チャンスをのがすことで、投資効率が悪くなってしまいます。

先着方式の勝率を上げるには?

先着方式の勝率を上げるには、募集開始時間と同時に申し込みをすることです。

応募が始まった時間に申し込めば、出資ができる可能性がかなり高くなります。

property+(プロパティプラス) に関するよくある質問

property+(プロパティプラス) に関するよくある質問を見ていきましょう。

口座開設に手数料はかかりますか?

口座開設及び口座維持手数料は無料です。

会員登録、ファンド申し込み及び投資実行の際も、 手数料は発生いたしません。

分配金の出金の際の振込手数料についても弊社にて負担いたします。

いくらから申込みできますか?

1口1万円から申込みが可能です。

前述したように、property+(プロパティプラス) のファンドは、一万円から投資できます。

ほかの不動産クラウドファンディングでは「一口100万円から」という会社も。

不動産投資が1万円からできるので、ハードルが低く、安心して投資できます。

配当金(分配金)の受け取り時期と方法は?

ファンドによってそれぞれ運用期間が設けられており、運用期間終了後から1ヵ月を目処にご登録頂いた銀行口座へ、 出資金(元本)とともにお振込みします。

キャンペーンはある?最新情報をチェック

現在property+(プロパティプラス) では、キャンペーンをやっていないようです。(2022年10月現在)

新たなキャンペーンや、新サービスがスタートしましたらこちらのブログでどんどん紹介します!

ジャスミン
ぜひチェックしてみてくださいね。

property+(プロパティプラス) の始め方をステップでわかりやすく解説

property+(プロパティプラス) に会員登録する手順は、以下のとおりです。

property+(プロパティプラス) に会員登録
  1. property+(プロパティプラス) にアクセスして「会員登録」をクリック
  2. メールアドレス、電話番号、パスワードを入力する
  3. 登録メールアドレスに「会員登録申込受付メール」が配信される
  4. お客様情報、本人確認資料、口座確認資料を登録
  5. 登録内容をもとに、property+(プロパティプラス) で審査
  6. 審査完了次第、登録住所に本人確認はがきが郵送
  7. はがきに記載されている本人確認コードを入力
  8. 本人確認コードを入力すると会員登録が完了し、取引が可能となります

会員登録には、会員申込み→会員情報登録→本人確認はがきの郵送→本人確認コード入力と進んでいくので、最短で1週間程度必要です。

マイナンバー資料(画像)は 以下のいずれか1点を用意します。

  • 個人番号(マイナンバー)カード(表・裏)
  • 通知カード(表・裏)
  • 住民票(マイナンバーが記載されたもの)
  • 住民記載事項証明書(マイナンバーが記載されたもの)

まとめ

今回はproperty+(プロパティプラス) のメリットとデメリット、property+(プロパティプラス) のはじめ方などを調査してきました。

ここで、property+(プロパティプラス) のメリット・デメリットをおさらいしておきましょう。

3つのメリット

利回りがやや高い

ほったらかし投資ができる

専門知識が不要

3つのデメリット

property+(プロパティプラス) は元本割れが起きても補填されない

property+(プロパティプラス) は確定申告が必要

property+(プロパティプラス) は先着方式で競争率が高い

property+(プロパティプラス) は不動産投資にくわしくない初心者が参加しても稼げます。

利回りはやや高めで、運用期間も一年以内と短め。

一口1万円という少額から投資を始められるのも魅力の一つです。

結果、property+(プロパティプラス) への投資はおすすめです。

property+(プロパティプラス)公式サイトはこちらから
property+(プロパティプラス)

前半ではproperty+(プロパティプラス) の運営会社やファンドの特徴を徹底調査!

ファンドの利回りなどが丸わかりです。

property+(プロパティプラス) の評判は?稼げるの?仕組みやリターンも調査

2022年10月10日

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ジャスミンのうたごえメルマガ♪

ジャスミンのうたごえメルマガでは、読者のみなさんに、ブログの更新情報や、

投資に関する旬な情報、日々の生活にお役立ちなライフハック情報などを配信していきます。

また、50代ならではの心と体との付き合い方や、整え方など、リフレッシュがはかどる情報もお話ししていきます。

不定期な配信ですが、ブログには書きにくいここでしかお話できない情報も、発信していきますね(^_^)

ジャスミン
そしてなぜか、うたごえも配信しちゃいます(^^)♪

ジャスミンのうたごえメルマガの登録はこちらから!

ジャスミン無料相談受け付け中!

ジャスミンがあなたのお悩みや不安、疑問点を解決させて頂くための無料相談コーナーです!

 

ジャスミン自身もそうだったのですが、副業や投資を始めるに際して何も分からず不安だった頃に、このようなコーナーに助けて頂きました。

 

なので私も何かの助けになればと思いこのコーナーを立ち上げました。

 

どんな些細なことでも構いません。

 

ジャスミン
一つでも多くの悩みがあなたを一歩進めるきっかけになれば良いなと思っております!

ジャスミンでした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

50代から始めるネット副業情報を発信中。 本業の仕事のかたわら、副業のやりながら配信をしている。 アラフィフのおやじで本業は役者。歌の仕事やアニメの声の人、スタッフさんもやる。 現在は舞台が吹っ飛び失業中。